在臺日人看台灣浪浪現象

    在臺灣,經常在市區和郊區遇到流浪狗。聽說以前流浪狗在日本的街道和鄉村很常見,但我小時候就很少見到了。長大後,曾經在香川縣一個名叫觀音寺的小鎮住了幾天。當我偶爾在住處附近走動,發現了一隻流浪狗時還感到非常驚訝!這就是流浪狗現在在日本的稀有程度。

    在臺東,不管是住在市區或郊區,幾乎每天都會遇到流浪狗。我剛來臺東的時候,覺得非常新奇,且我個人很喜歡動物,當我看見在路上散步的流浪狗時,就有種被治癒了的感覺。另外,在臺灣待一段時間後,注意到街上的人們對流浪狗是非常包容的。

    住在臺東市時,我經常去鐵花村附近的一家便利商店。在那間店附近住著一隻有點黑的胖狗狗。有次我和朋友一起去那間便利商店時,發現朋友似乎也認識那隻流浪狗,他(她?)已經在便利商店附近生活了好幾年,朋友還告訴我,原本附近住著2隻狗狗,但一隻已經去世了現在只剩下1隻。當我聽到這個故事時感到非常驚訝,便利商店的店員和附近的人們似乎沒有排斥他,甚至餵養、愛護著他,並允許他住在那兒。很難過的,要是在日本,便利商店的店員或當地居民可能會聯繫衛生所來抓走他。

    流浪狗不僅僅只是可愛,還可能傷到人或有傳染病,因此非常危險。除了排泄問題之外,光是在那生活就會對衛生不利。儘管如此,仍有一些人會隨意棄養狗狗,明明狗沒做錯什麼事,但是如果一直找不到飼主,狗就有可能被安樂死或做其他的處置。在臺東或許也有一樣的棄養事件發生,但胖胖的流浪狗依然安逸的生活在街道中,人們以某種方式允許他們在那裡生活。雖然真的不是很好,但是我認為臺灣人這樣對流浪動物的包容和善良是非常棒的!從胖胖的流浪狗在他們周圍很常見這一個事實就可以看出來。

AA-0414160736903.jpg

    作者/島田有紗,就讀於京都大學研究所人間環境研究科共生文明學專攻文化人類學博士課程,約一年前到台灣進行調查研究,在台灣的一切都讓人感到新奇而有趣,希望藉著外國人的視角,帶領大家一探不一樣的台灣!

 

【作者原文】

台湾では街中や郊外でも、よく野良犬に出会います。日本でも、昔は街中や田舎でも野良犬はよく見られたと聞きますが、私が小さな頃にはもうすでにおらず、ほとんど見ることがありませんでした。大人になってから、一度だけ香川県にある観音寺という小さな街に数日滞在することがありました。その時に時々住んでいる部屋の近くを歩いていると野良犬がおりとてもびっくりしたのを覚えていますが、やはりそれだけ現在は野良犬が珍しい存在となっています。

台東では市内や郊外に住んでいると、毎日のように野良犬に出会います。来て初めの頃はもの珍しく、私自身動物が好きなのもあり、移動中に野良犬を見かけると癒されていました。またしばらく台湾で過ごす中で、街中に住む人たちも野良犬たちに寛容なことにも気付きました。

市内に住んでいた頃、鐵花村近くのコンビニに立ち寄ることがよくありました。そのコンビニの周辺でも、1匹の野良犬が暮らしていました。少し黒い、とてもよく太った犬で、コンビニの周辺を移動する時はよく見かけていました。ある時に友人とコンビニに立ち寄ると、友人もその野良犬を知っているようで、彼(彼女?)が数年前からコンビニの近くに暮らしていること、元は2匹だったけれど片方は亡くなり現在は1匹になってしまったことを教えてくれました。私はその話を聞いた時、コンビニのスタッフや周辺に住む人たちが彼(彼女?)を排除せず、餌を与えたり可愛がり、彼(彼女?)がそこで暮らすことを許している様子にとても驚きました。日本だったら、悲しいですが、おそらくコンビニのスタッフは周辺の住民が保健所に連絡して彼(彼女?)を捕まえさせていたと思います。

野良犬は可愛いだけではなく、やはり人に怪我をさせたり、病気を持っている可能性もあるのでとても危険です。排泄もするので、存在するだけで衛生的にも良くはないです。それでも犬を捨てる人はいますし、犬は何も悪くないのですが、飼い主が見つからなければ処分されるしかありません。おそらく台東であってもその点は同じなのだと思いますが、それでもよく太った野良犬は街中で生活していますし、人々は彼(彼女)らがそこにいるのをなんとなく許しています。本当は良くないことではありますが、太った野良犬がその辺りによくいることからうかがえる台湾の人の適当さや寛容さ、優しさが素敵だと思います。

傳行政院為振興國內經濟,擬於九月推出手實體與電子振興券,您的看法是…